アルミ熱処理炉

  • ローラーハース式アルミ熱処理炉

    アルミ熱処理(T6処理)を自動で行います。
    炉内を昇温室と保持室に分割し、保持室内の温度精度±5℃以内を確保。

    [主なる仕様]
    使用温度:400~600℃(溶体化処理)
    使用温度:150~300℃(時効処理)
    熱源:LPGバーナー
    処理能力:1,000kg/Hr

  • ピット型流気式熱処理炉

    アルミ熱処理のバッチ処理に。
    RCファンによる強制流気により、温度精度±10℃以内を確保。

    [主なる仕様]
    使用温度:400~600℃(低温処理用も製作可能)
    熱源:鉄クロームヒータ
    処理能力:500kg/バッチ

 

金属熱処理炉

  • 台車式焼戻し炉

    自動車・建機部品の焼戻し処理に。
    RCファンによる強制流気により、温度精度±5℃以内を確保。

    [主なる仕様]
    使用温度:150~600℃
    熱源:鉄クロームヒータ
    処理能力:2,000kg/バッチ

  • 台車式焼鈍炉

    [主なる仕様]
    使用温度:600~1,000℃
    熱源:カンタルAF
    処理能力:2,000kg/バッチ

  • 箱型焼戻し炉

    自動車・建機部品の焼戻し処理に。
    高温テンパー用も製作可能。
    RCファンによる強制流気により、温度精度±5℃以内を確保。

    [主なる仕様]
    使用温度:150~300℃
    熱源:シーズヒータ
    処理能力:1,000kg/バッチ

 

その他の熱処理炉

  • 真空熱処理炉

    炉芯管内を真空状態に保ち、炉芯管を加熱することにより熱処理を行います。

    [主なる仕様]
    使用温度:150~300℃
    熱源:鉄クロームヒータ
    処理能力:500kg/バッチ

TOP熱処理炉溶解炉会社概要納入実績お問い合わせ・見積依頼
©2008 株式会社 竹本工業電熱機製作所